【ちゃぽぽの風】おもてなしにぴったり!各誌でも絶賛!ちゃぽぽ園の上質でこだわりのほうじ茶を飲んでみた♪

スポンサーリンク

基本的に お茶はどんなお茶でも大好きなんです♪

とくに 今、ほうじ茶は注目のお茶で ほうじ茶アイス、ほうじ茶ラテ、ほうじ茶ケーキと何かと話題沸騰中~。

わたしもずいぶん前から ほうじ茶は大好きで よくスーパーで買って飲んでいました。

香ばしくて お茶を入れた時の香りとどこか懐かしい味が 気持ちを落ち着かせてくれます。

さて 今回 【ちゃぼぼの風 70g】をモニターさせていただきました。

ちゃぽぽ園の「ちゃぽぽの風」って?

ちゃぼぼの風」は 日本のマチュピチュと呼ばれる岐阜県の旧春日村産

760年ものお茶作りの歴史のある旧春日村。

  1. ガラガラ土で、昼夜の温度差も激しい
  2. 村自体が農薬不使用
  3. 日本古来の在来種のお茶の木が現在もある(日本では3%しかないといわれている)
  4. 美味しいお水

↓「ちゃぼぼの風」は お茶作りに理想の環境でできたお茶なんです。↓

ちゃぽぽの風を飲んでみました。

開封はひもを引っ張る

 

 

開封は ひもを引っ張って ヒモで紙を切るように開封していきます。

うわぁ 開封しただけで 香ばしいかおり~

茶葉の色は 少しグリーン色。

ほうじ茶って ずっとスーパーで買って飲んでいたのですが こんなに香ばしい香りのする ほうじ茶は初めてです。

飲む前から こうばしい濃い香りがしてきます。

そうですねぇ・・・例えるとしたら 商店街のお茶屋さんの前を通ったときにしてくる あの こうばしい香りに近いです。

スーパーのお茶と違いを比べてみました。

いつも飲んでるスーパーのお茶と どれくらい違うのかな~?って思ったので 比べてみました。

左側が 「ちゃぼぼの風」、右側が いつものほうじ茶。

まず 見た目から 茶葉の色が違うますよね。この時点で 香りも全然ちがいます。

ちゃぼぼの風」が とにかく深ーい香りが漂ってるのです・・・♪ずっと嗅いでいたい香りです^^

上がちゃぽぽ、下が普通のほうじ茶。

おいしいお茶の飲み方

量は 1人分につき スプーン2杯(2g)が目安。

わかりやすいように 我が家で超お気に入りの スミまですくえる計量スプーン を使ってはかってみました。

こちらは 小さじの方です。1杯で1gだったので 2杯いれます。

沸騰したお湯を入れます。

30秒待ってから注ぎます。

左がちゃぽぽ、右が普通のお茶です。

ちゃぼぼの風」の味が 見た目も上品な色だけど 味がなんともいえない深い味わいで濃くて 本当においしいほうじ茶。

飲んでる間中 香ばしい香りがしてきました。

普通のお茶も 普通においしいんですけど 言葉で伝えるには すごくむずかしいのですが 上品さが違うんですよ~。

おもてなしのお茶に 飲んでもらいたいほどおいしいお茶

「おもてなしのお茶」とはよく言ったもんです^^

自分ひとりで この味を味わうのは なんだかもったいなくって お客様にも飲んでもらいたいお茶だと思います。

飲んでもらって この深い味わいを味わっていただきたいものです。

わたしは 緑茶もよく飲むんですけど もちろん価格とも比例していて おいしいお茶ってすごく上品な味がしますよね。

ほうじ茶にも こんな種類があったということを今回初めて知りました。

限定プレミアムのほうじ茶はここから購入できます↓

ちゃぼぼの風

 

記事が気に入ったらシェアしてくれるとうれしいです(*^-^*)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です