【神棚の処分の方法】長い間うちにあった神棚、どうやって処分したらいいの?ゴミに出す?それとも・・・。

スポンサーリンク

先日 25年以上使っていた 食器棚を買い替えることになったんです。

25年以上も使っていて 扉も壊れてきていたし、何よりも耐震の面で不安だったので 壁に固定してもらう工事をしてもらって

新しい食器棚が我が家にやってきました。

その食器棚は 天井まであるタイプの食器棚で いままでの食器棚は 普通の棚タイプのものでした。

古い食器棚の上には 亡くなった義父がホームセンターで買ってきた神棚が置かれてあって 「神棚を処分ってバチあたるんとちゃうん~?」なんて気持ちの中で思ったりして なかなか

できなかったのですが 新しい食器棚の上には置くことができないということで 義父が亡くなって6年目にして 家族全員一致で 神棚の処分を決めました。

そもそも 神棚ってゴミで処分しても大丈夫なの?

神棚の処分が決まってから 一番はじめに頭に浮かんだことが 「神棚ってゴミで捨てるのかな?」という疑問。

木でできているものなので ゴミで捨てられるといえば捨てることはできるのですが なんとなく バチ当たりのような気がして・・・。

そこで 近所の神社に電話をして聞いてみました。

ちょうど 食器棚の工事が 1月9日でしたので 神社の方は

「1月14日に「とんど焼き」がありますので そのときに お社と燃えるものであれば一緒に持ってきてもらったら お焚き上げしますよ」とのことでした。

ゴミで処分するかどうかは 使っている方の気持ちの問題でもあるようですが  神様の魂入れなどをしていなければ ゴミとして処分される方法もあるそうです。

ですが 気持ちよく処分しようとおもうのであれば 近所の神社に問い合わせてみて 玉串料を支払って引き取っていただけることが多いようなので

近くの神社に問い合わせてみてください。玉串料の料金は 神社によって違うそうですので あわせて問い合わせてみるのが良いと思います。



とんど焼きとは?

お正月がすぎて 1月の14日~15日ごろに 全国的に「とんど焼き」というお焚き上げの行事が 各神社で行われます。

竹を使って組んだやぐらに お正月に使った門松やしめ縄、そして古い御札などを置いて 火をつける行事で、

家内安全などを願って お正月にお迎えした神様を送る行事です。

神棚を処分されるときは この「とんど焼き」でお焚き上げしてもらうのが 一番よいと思います。

我が家の神棚は 1月14日に お正月のしめ縄や古いお札と一緒に とんど焼きで焼いていただきました。

とんど焼きで焼いてもらうことで 特別に料金もかからず すっきりとした気持ちで処分させていただくことができました。

お神酒の器などは 割れ物でしたので 新聞紙にくるんで 市のゴミ分別を守って ゴミとして処分しました。

長い間 どうもありがとうございました。

この記事が 神棚の処分とどうしよう・・・と思われている方の参考になれば うれしく思います^^

 

記事が気に入ったらシェアしてくれるとうれしいです(*^-^*)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です