【スティックアウト】天ぷら油に火が・・・!袋のまま、そっと投げ入れるだけで消化できる防火用具の威力がすごすぎる!!




キッチン用品
この記事は約4分で読めます。

おウチで揚げ物って我が家では けっこうするのですが 揚げ物はすごくおいしいけれど 天ぷら油を使っての調理中は絶対にその場を離れないようにしています。
もちろんのことですが・・・。

火事は怖い!!火のもとは再度 指さし確認!

517587

この間から ご近所さん周辺で 3軒も火事が起こりました。

1軒は火の消し忘れ、
1軒は揚げ物をしていて目を離したすきに天ぷら油に火がついて、
1軒は たばこの不始末

ほんとにささいなことで火事はおこります。昨日まであったおウチが一瞬にして何もなくなってしまう怖さを身をもって体験しました。

それまでも気をつけていましたが、より気をつけなきゃと思いました。

我が家では 目で見るだけでなく 指さし確認と声にだして確認をするようにしています。特に火のもとは!!

天ぷら油に火が!そんなとき、まず何をしますか?

 

img_1140

わたしは 母や身近な人たちから 「天ぷら油に火がついたら 布団をかけて!」とか 「消火器の栓を抜いて消して!」とか  「鍋にフタをかぶせて!」などと

聞いたことはあるのですが これは大きな間違いだったんです!

実際にそんなことが起こったら きっと気が動転してしまって そんなに落ち着いて行動はできないと思うんです。



慌てて 水をかけてしまうと・・・

img_1149

急激に炎は燃え上がります!!絶対にしてはいけません!

消火器の栓を抜いて 使うことができるだろうか?

実際に消火器が家庭においてあるご家庭ばかりではないと思うんです。

あったとしても すみっこのほうに追いやられ・・・いざというときにすぐ出せなかったり・・・重たかったり・・・

火を消そうと消火器の栓を抜いて液をまいたら まわりが粉だらけてあとで大変なことになってしまったり。(ほんとに火事のときは そんなことを心配している場合じゃないですけど)

我が家にも以前は 小さめの消火器はあったのですが まさに キッチンのすみっこのほうに追いやられ、一度も使わないうちに期限がすぎ、(使うことがなかったということは火災がおきなかったからよかったのですが)今は何もおいていない状態なんです。

軽い!コンパクト!置く場所に困らない 「スティックアウト」

2016年10月に開催された 「ぶんぐ博」に行ったときに展示されていて 初めて「スティックアウト」という商品を知りました。

 

DVD動画が流れていて 実際に商品を触らせてもらって 感じたこと!

 とにかく 「軽い!」 「小さい」

スティクアウトって?

*全米防火協会認定商品*

NFPAとは、(National Fire Protection Association)(全米防火協会)が防火・安全設備および産業安全防止装置などの規格制定を遵守した製品であることを認定するものです。

*スティック状で長さがあるので火元の鍋にも入れやすい

*消火剤が瞬時に油を泡状に変化させて火勢をシャットアウト

*消火後は固まった油を捨てるだけ

こんな小さな商品で消火ができるの?

img_1140

天ぷら油に火がついたら スティックアウトを 袋のまま そっと投げ入れる。

袋をやぶって中身を出さなくてもいいんです!袋のまま投げ入れるんです!!

気が動転しているときだったら それが精一杯だと思うんです!

img_1153たちまち炎は泡状になり消火・・・

img_1154

img_1142通常の油と同様に廃棄する。

備えあって憂いなし。もしものときに力を発揮!

なにかあったときに強い力を発揮してくれるハズ!キッチンに数本 常備しておくと安心ですね。

タイトルとURLをコピーしました